大会の特徴・観光案内

  • HOME »
  • 大会の特徴・観光案内

大会の特徴

特徴1

きたひろしま30kmロードレースは、北広島市街から札幌との境界までをつな ぐサイクリングロード、通称「エルフィンロード」が舞台です。アップダウンが続くタフなコースですが、木々の間を通り抜ける風を感じながら、エルフィンロードを走ってみませんか?

特徴2

会場内ではスポーツ店や飲食店の出店があるほか、広島町(現在の北広島市)発祥のスポーツ「ゴロッケー」を楽しむことができます。応援でお越しの方々も存分にお楽しみください。

特徴3

6月末の北広島は、気温も湿度も程よく、爽やかな初夏の陽気を楽しむことができます。ただし年によっては真夏並みの暑さになることもありますので、熱中症などには十分ご注意ください。

○過去5年の6月25日の気温 

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
最高 26.2℃ 19.1℃ 25.1℃ 18.1℃ 16.2℃
最低 13.3℃ 10.7℃ 18.6℃ 12.0℃ 13.2℃

※スマートフォンでは横スクロールでご覧ください。

宿泊施設

遠方からお越しで宿泊を伴う方は、大会会場からほど近い「札幌北広島クラッセホテル」が便利です。
予約などの詳細は、下記サイトを参考に、ホテルにお問い合わせください。

観光案内

大会が開催される北海道北広島市は札幌市と新千歳空港の中間にあり、鉄道や国道、高速自動車道などのアクセスに恵まれる一方、樹木や花々が四季を彩り、アオサギやエゾリスなどの野鳥や小動物がすむ自然豊かなまちです。
下記のサイトを参考に、レース前、レース後はぜひ北広島を満喫してください。

  • PAGETOP
    MENU